2012年03月02日

平成24年FP2級合格率

こんばんは。
FPの谷口です。
今年の生徒達からの合格報告、、、もうこっちの涙腺が緩んじゃいます(涙)

去年のクラスが最後と思って取り組んだ僕のクラス。本気で全員合格させようとがむしゃらにやってみたのですが。。。

試験自体の合格率は今回36.24%。

それに対して僕のクラスの合格率は報告ベースで80%。
試験の合格率に対しては良いとは思うのですが。。。
パーセント的には例年より少し良いけど、やはり全員というのはハードル高いのかな。

まぁ、結果よりも経過の方が大事だよね。

多くの生徒から、

「クラスで友達がたくさん出来て良かった」

って言ってもらえて、僕が目指している【資格+コミュニケーション】は達成しているし。

ここからは、去年の生徒達へ。

僕に感謝なんてしなくて良いんだよ。君達が頑張って取った資格なんだから。
本当におめでとう!
頑張って取得した資格、これからは上手に使っていこう。
そして次の目標に向けて一緒に頑張ろう!!!
posted by CFPぐっさん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FP講座

2012年01月20日

FP2級試験まで後2日

こんばんは。ぐっさんです。

ここまで忙しいと返って効率良く仕事が片付いていきます。
と言っても全然残ってますけど・・・。

1月にFPを受ける人は残す所あと2日になりましたね。
最後まで僕を信じて付いてきてくれている生徒達。
絶対に全員合格させるからね!

勉強以外に就活や学校の試験で忙しいのは分かってる。
でも何としても合格させたいんです。

昨日から3日間、希望者の子達と集まって最後の追い込みにかかってます。

直前に勉強した事は集中力があるので、大きな成果に繋がります。
独学で頑張っている人も、他の学校で頑張っている人も最後まで諦めずに追い込みかけてください。

FP2級はやれば必ず合格できます。
皆頑張ってくださいね。

最後はとにかくひたすら問題を解くんですよー!!!
posted by CFPぐっさん at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | FP講座

2011年12月18日

中央大学FP講座2011年終了

こんばんは。ぐっさんです。
ちょっと遅くなりましたが、12月15日(木)今年の中央大学での全講義が終了しました。

今年の子達とも本当に色々と沢山の思い出を作らせて貰いました。
夏ごろから決めていた事なのですが、今まで5年間お世話になった中央大学でのFP講座を卒業しようと思います。

毎年自分との勝負だと思ってとことん合格率には拘って来ましたが、今年は最後という事もあって何が何でも全員合格させようと思っています。

今まで把握している限り、僕が行きだした5年前のクラスと去年のクラスではFP2級の合格率は70%は超えています。

多分他の専門学校と比べてもかなり高い合格率だと思います。
学生のみのクラスというハンデは有りながらも、受講生は全員中央大学現役生。
資質が高いのでこのような合格率を出せているのだとは思いますが、そうは言っても生徒達がFPで学ぶ事を面白いと感じてくれなければ、勉強してくれませんからね。

今年の生徒達と勉強するのも中央大学で教えるのも最後だと思うと、どうしても感極まってしまい、みんなに伝えたい事もちゃんと伝えられませんでした。

今年の生徒で僕のブログを読んでくれている子は少ないんだけれども、ここで伝えたくて伝えられなかった事を書き留めたいと思います。

今年あの教室で出逢った人達との出逢いは偶然ではなく必然。
世界に何十億という人がいる中で、君達は同じ志を持ち出会うべくして出逢った。

だからこそこの出逢いを大切にして欲しい。

この言葉を伝えられなかった事が自分的にとても無念です・・・。

そしてここからは皆に伝えた事だけれども、あの日12月15日は僕達の関係が終わる日ではなく、新たな関係が始まる記念日。そうであって欲しいな。

最後の講義が終わってから個別にメールをくれた子達、ありがとう。
一人一人のコメントがとても嬉しかったです。

これからもイベント沢山立てようね。
合宿やろうね。
歌教えてね。

今日は去年の生徒達との忘年会でした。(忘年会の日記はまた後日)
会社のイベントを断って来てくれた子(あえて名前は書きません)
自分が主催しているイベント後に駆けつけてくれた子
就活で忙しい中駆けつけてくれた子
明日就職先で使う資格の試験なのに最後まで付き合ってくれた子

去年の子達とはこんな感じで付き合っています。

君達ともクラスが終わってもこういう関係を作れていけたらなと思っています。

僕はFP試験に必要な事を皆に教えたけれども、僕は皆からとても多くの事を教わっています。
これは毎年感じることだけれども。

僕と出会ってくれてありがとう。
特別な時間をありがとう。

1月の試験は全員で合格して22日の合格祝い、全員で盛り上がろう!!!
posted by CFPぐっさん at 03:45| Comment(2) | TrackBack(0) | FP講座

2011年12月14日

大学生と忘年会in2011

こんにちは。
忘年会シーズンも佳境に入ってきました。

昨日は今年のクラスの子達と忘年会。
今年のクラスは特に女の子がお酒に強く、毎回駄目駄目にされてしまうので、この忘年会ではなるべく近くに座らないようにしようと・・・


P1040472_R.jpg

こんな可愛い子達に囲まれてお酒が飲めるなんて幸せなはず・・・
僕は手前でカメラを構えているのですが、結局女の子達のそばに・・・

ちなみに奥の男の子達は後から遅れて来たのにこの席に。
本来ならば取り合いになる場所ですよね。

が・・・

P1040473_R.jpg

こっちの席から埋まっていって、男子だけの席が出来上がりました。
みんな知ってるんです、何が起きるか・・・

でも・・・結局・・・

P1040478_R.jpg

まずクラスのイケ面を皮切りに・・・

P1040487_R.jpg

友情

P1040481_R.jpg

からのバトル・・・

P1040489_R.jpg

こんなんになっちゃいました。


P1040501_R.jpg


そっ、それピッチャ・・・

P1040506_R.jpg

だからピッチャーだってばっ!!!

P1040507_R.jpg

顔よりピッチャーの方がでかいぞ!!!

P1040509_R.jpg

えーーー!!!!
み○きちゃんまで!!!

P1040490_R.jpg

もはや参加できず・・・

「ぐっさん飲んでないじゃん」

と思われるかもしれませんが、写真が無いだけでこれが始まる前に相当飲んでます。
その他の写真は(これでも)自主規制です。

今年のクラスが始まった最初の数ヶ月、クラスの中で会話もほとんど無かったみんながこんな風になれて本当に良かった。

酒しか飲んで無いように見えるかもしれませんが(そんなシーンしかありませんが)今年のクラスも本当に学年関係なく交流が出来、4年生が自主的に集まって後輩達の為に就職活動で感じたこと、取り組んだ事などをレポートにまとめ、配布していました。

クラスの主役は僕ではなく、クラス一人一人の生徒達です。
僕はクラスをまとめてみんなが主役になる舞台を作ってあげるだけ。

ある生徒からとても嬉しい言葉を貰いました。

「先生、授業が終わってもよろしくお願いします。」

こちらこそお願いします。

クラスが終わったら彼らとも新しい関係を作っていけたら良いな。
posted by CFPぐっさん at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | FP講座

2011年11月14日

FP2級確認テスト

IMG_2709.jpg
今受講生達がFP2級の問題を解いています。
3級は楽々クリアしましたが、果たして。

とっとと終わらせて早く帰ると言っていましたが、解答のペースが上がらないようです(笑)

同じ内容をやっている様にみえて、2級と3級って全然違うんです。

みんながんばれー!
posted by CFPぐっさん at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FP講座

2011年07月17日

FP3級講義振り返り(金融資産運用設計編)

こんにちは。忙しいを言い訳に更新サボってました。

先週は(もう先々週か?)金融資産運用設計の講義がありました。

金融商品を活用するに当たってはマクロの経済指標を知らなければならないので、とっつきにくいところですね。

GDPや消費者物価指数、景気動向指数について学習しました。
まだ用語を覚えるだけの段階なので、苦痛かもしれませんが、これらの指標をどのように読み解いていくか2級で解説したいと思います。

そのほか、

金利動向
為替動向

について学びました。
金融の世界はバーチャルな世界なのでイメージしにくいのですが、根本の考え方としては、「需要と供給」です。
金利は、お金【通貨】という物を欲しいと思う人が多いのかどうか。
マーケットに【通貨】という物がどれだけ供給されているのかで決まります。

為替も同様で、例えば日本の通貨【円】とアメリカの通貨【ドル】をどちらがより需要があるのかで価格が決まってきます。
ここさえ抑えてしまえば後は理屈が複雑になってきても、理解できると思います。

金融政策と財政政策は、実行者が違い、どのように景気に対して影響を与えていくのかというところをしっかり理解しましょう。

個別商品としては、

債券
株式
投資信託

の本当に基礎を学びました。

債券については、利回り計算が特に重要。
株式は個別銘柄の投資判断に使う、PBR,PER,ROEの計算方法を覚える必要があります。(試験対策上)

これらの指標は企業の何を見ているのかを理解する、これらの指標を知ることで株式投資のリスクを回避できると思ってもらえれば、自然と覚えられると思うですが。

投資信託はまずはどんな仕組みになっているかを理解することからですね。

というか、3級は理解というより、やはり覚えるので精一杯なので苦痛ですね。

2級に入ったら少しでも実践的な知識を習得してもらえるような講義をしていきたいと思います。
posted by CFPぐっさん at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FP講座

2011年07月06日

FP3級講座・保険編

先月3○回目の誕生日を迎えたぐっさんです。
木曜日の講義の時に去年の教え子の○ーた君、Oたけ、は○なちゃんが誕生日プレゼントを持って教室に来てくれました。
ありがとー!!!

思わぬサプライズで危うく講義を忘れてそのまま飲み行ってしまうところでした。

さて木曜日の講義のレビューです。

主に生命保険、損害保険について学習しましたが、

生命保険の仕組み
生命保険商品
損害保険商品

について学習しました。

2級につながりかつ、重要な所としてはまず、

保険における、
契約者
被保険者
保険金受取人

の違いについてですね。
保険は必ずこの3者を確認してどのような契約形態になっているのかチェックする癖をつけるように何度もお話しました。

保険金を受け取るのは誰が対象なのか?
保険金を受け取った時にどのような税金がかかるのかと言う論点が難しいのですが、契約形態を整理できるようになり、各税金の趣旨が分かってくれば、簡単に解ける様になってきます。

次に保険料の支払方法ですが、保険料は前払いで支払方法には、

月払い
半年払い
年払い
前納
前期前納
一時払い

とあります。
講義の中ではあえて触れませんでしたが、全期前納と一時払いの違いは疑問に思わなかったのかな?
ここはまた2級の時にお話しようと思います。

そして生命保険の種類です。

生命保険は基本的に、

定期保険
終身保険
養老保険

この3つが基本形になっていて、その他の商品はこの基本形の保険から派生している商品です。(ほとんど定期保険からの派生ですが)
なので、まずはこの基本の3つの特長についてしっかりと理解しておくと、2級に進んで商品が増えても覚えるのが楽になります。

特約では「生前給付特約」が3級、2級でも良く出題される論点です。

特定疾病保障特約・リビングニーズ特約の内容をしっかり抑えましょう。

損害保険は3級では大きく分けて、

火災保険
自動車保険
傷害保険

の3つが主な出題商品になります。
生命保険と違って細かい論点はあまり出ないので、補償内容、制度の概要を抑えておけば充分でしょう。

損害保険は深みにはまるとどんなに時間があっても足りなくなるので、深追いしない事が合格の秘訣です。

木曜日は講義の後復習を兼ねてミニテストをやりました。
暑かったので満点取った人にアイスをご馳走する約束をしたのですが、2名満点を取りました。
10点という人も結構いて、「惜しいなぁ・・・10点の子にもご馳走してあげたいなぁ」と思ったのですが、ここは心を鬼にして満点者のみ。

講義の後、大学の近くのコンビニへ直行!!!

アイスを食べながら連絡先の交換をしていました。(僕には全く聞いてくれませんでした・・・)

僕はタバコを吸いたかったので、アイスではなく飲み物を買ったのですが、

学生1「先生一口食べますか?」

と、食べかけのアイスを口元へ!!!

ぐ(心)「えっ、食べていいのか???このまま食べていいのか???」

という動揺を抑えつつ、パクリ。
ぐ(心)「食べさせてもらっちゃった(はぁと)」

とそれはもう、至福の時でした。

するともう一人も

学生2「先生食べますか?」

と、食べていたアイスをスクイプ!!!

ぐ(心)「食べるしかない!!これは食べるしかない!!!」

この日に食べたアイスはいつもより数段甘くて美味しく感じました(はぁと)


・・・・・・
レビューより後半のくだりを書きたかったのではないかと言う疑惑は否定しません。。
posted by CFPぐっさん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FP講座

2011年06月25日

FP3級講座・相続編

暑くて移動を車に頼ってしまっているぐっさんです。
回数券が減りません。

昨日の講義のレビューです。
昨日は僕が担当している中央大学内のFP3級講座の振り返りです。

贈与税の相続時精算課税制度
相続税の計算
相続税における財産評価
について学習しました。

贈与税の相続時精算課税制度は少し複雑な税制なのですが、従来の贈与税体系とは全く別物だと考えた方が理解しやすいと思います。

贈与税については、従来の暦年課税と相続時精算課税制度の2本立てになっていると考えるのが得策ですね。

相続税の計算については最初は理解しにくいのですが、計算の流れとしては、

1.相続財産の総額を把握する
2.相続財産を法定相続分で相続したものとして税額を計算する
3.相続税の総額を実際に相続した財産の割合で税負担をする

という流れで計算を行います。

今年は相続税の税制改正が行われる予定で、相続税の基礎控除、みなし相続財産の非課税額が変更される予定になっていますが、未だに税制改正の法案が通っていないので、9月に行われる試験においては考慮する必要なないでしょう。

最後に相続財産の財産評価の方法ですが、主に不動産の財産評価方法がとても重要です。

まず把握しなければならないことは、「土地」と「建物」は別々の不動産であるということです。

ですので、土地・建物はそれぞれ評価する必要があります。

評価方法としては、その不動産を自ら使っているのか、他人に貸しているのかによって、評価方法が変わってくることでしたね。

他人に不動産を貸し付けている場合、所有者はその不動産に対する権利が弱くなるので、計算上減価することになります。

建物を貸し付けている場合は「借家権割合」を減価します。
現在の税制では30%で統一されています。

土地を貸し付けている場合は、「借地権割合」を減価します。
借地権割合は路線によって異なりますので、その路線価に付されている借地権割合を使用します。

土地の評価は、貸宅地・貸家建付地のケースがあるので、ちょっと難しいですね。

貸宅地・貸家建付地の違いは、

貸宅地=土地の所有者とその土地の上に建っている建物の所有者が違う場合です。

貸家建付地=土地所有者と建物の所有者は同じだけど、建物を他人に貸している場合。

となります。

相続の論点は、税制よりも、民法の論点の方が面白いですよね。

しかし、相続税の概要を理解していないと、相続税対策が全く分からなくなってしまうので、相続税についても一定の理解が必要です。

相続の論点でとても大事なことは、民法上の取扱と相続税法上の取扱が異なるところです。

最初は混同しやすいところなので、繰り返し学習して早い段階で区別できるようになっておきたいですね。

以上、FP3級相続のレビューでした。
posted by CFPぐっさん at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | FP講座