2012年05月26日

相続って難しい・・・

おはようございます。
スカイツリーが開業して大盛況のようですね。

さて、今日はちょっと堅苦しくて嫌やお話を。

皆さん「相続」について考えたことはありますか?

1.「うちは財産なんてないから関係ない」
2.「うちは家族の中がいいから大丈夫」
3.「元気な時に相続なんて縁起でもない」

・・・
良く聞く言葉ですが、特に1.2.に当てはまる方は要注意です。

相続は人が亡くなった時に発生する事ですから必ずどの家庭でも起こることです。
相続問題が厄介なのは、被相続人(つまり亡くなる人)が何も決めないで、自分が死んだら
家族で話し合って決めて、という状況にしてしまうケースが多いのですが、相続は、家族、親、兄弟が利害関係者になってしまうので、とても嫌な事ですが、家族間で誰かが主張をすると
誰かが損をする事になるのです。

相続が発生する場合、たいていのケースでは子供も各家庭を持っていて、特に住宅ローンや教育費にお金が必要だったりして、お金が必要なタイミングであったりします。

そんな時に「欲しい」と一言言えば家庭によって様々ですが、数百万でも数千万でも貰えるのであれば、やはり少しでも欲しいと言うのは本音でしょう。
これは当然です。

このような状態の利害関係者同士が話し合ってすんなり話がまとまるでしょうか?
相続財産は直に分けられる現金だけではありません。

分けにくい不動産などが含まれているケースも稀ではありません。

また配偶者も相続人になりますから、残された配偶者のその後の生活にも大きな影響を与えます。
多くの家庭はご主人名義の財産に偏っていますから、奥さんが不安、不安定になるケースがとても多いですね。

書籍などを読むと、法定相続分で誰にどれだけの権利が認められているかと書かれていますが、その通り分けなければならないわけでもありませんし、その通り分けることがその家庭にとって良い結果になるわけでもありません。

相続は人が亡くなるというネガティブな問題ですが、いつかは人は亡くなります。

その事に目をそむけず、家族みんなで元気な時に一度話し合ってみてください。

誰が両親の老後の生活を支えるのか?
今の財産を相続時どのように分けるのか?
相続税の問題はないのか?
etc

この時点でほんの少しでも意見が分かれるようなら、、、

そのままにしておくと、将来ほぼ間違いなく相続が「争族」になります。

まだ元気な時にそんな話はしたくない、という気持ちは分かりますが、どんな問題も先送りにすればするほど、大きな問題となって跳ね返ってきます。

相続で家族がバラバラにならないように、将来被相続人になる人がしっかりと事前に準備をしておき、残される家族が不仲にならず、不安にならず、負担にならず、円満な家族関係を保つ重要な要素だと思います。
posted by CFPぐっさん at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続

2012年05月23日

新卒の洗礼かな?

こんにちは。ぐっさんです。

一昨日見知らぬ番号から電話があり、出てみると1年半程前教え子と一緒に行ったマンション投資セミナーをやっていた会社からだった。
前にも電話があり、もう買わないから連絡先消しておいてねと伝えていたのですが、電話がかかってきて……

機嫌も悪かったので、やや切れ気味に、
「買わないって前にも言っただろ!」

と強い口調で言ってしまった後にふと思った。

そろそろ新卒社員が現場に配置されて電話営業させられていたんじゃないかと。

新卒には練習がてら、見込みの無い(薄い)客リストが渡されてその中に僕の番号があったんだろうなと。

新卒だったかもと思ったらとたんに可哀想になってしまいました。

今度不慣れな調子で営業電話がかかってきたら、しっっかりと相手をしてあげようと、心を入れ替えた瞬間でした。

投資、先物、etc
新卒君、、いや余計嫌だろうなw
posted by CFPぐっさん at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年05月09日

新社会人から貯蓄の意識をvol.2

ということで、間を空けると直に忘れるので、連日投稿です。

昨日は貯蓄をする習慣をつけようという話を書きましたが、今日は具体的にどんな商品で貯蓄をしていくかを書いていきたいと思います。

貯蓄が全くないうちは、どんな金融商品を使うかよりも、いつのまにか貯まっている、という仕組みを作っていく事が大事です。

なので、今まで全く貯蓄をする事を習慣化されていない人は、給料が振り込まれる銀行口座に自動積立を設定しましょう。

給料が振り込まれる日と同日に積立で定期預金や定期積立に引き落とされるように設定しておきます。

ポイントは、

「余ったお金を貯金しよう」
ではなく、

「まず貯金をして残ったお金で生活する」

ということがとても大事です。
残りませんから、お金なんて。僕も残りません。(説得力無し)
だからこそ、まず天引きされるようにしておく必要があるんです。
そして、貯金する口座と生活費の管理をする口座は必ず別々に分けます。
給料が入ってくる普通口座はお財布だと思ってください。
生活の中でも日々使うお金はお財布に、貯金するお金は貯金箱に入れますよね。

このように、自然と積み立てられる仕組みにしておけば、半年後、1年後にはちょっとした貯金が出来ているはずです。

少しまとまったお金が出来たら、ここからまた運用してお金にお金を産んでもらう仕組みを作っていけます。


最初の天引き額ですが、最低でも1万円はやってみましょう。
もうちょっと頑張れる人は、給料の額面金額の10%〜。

積立に使う定期預金などは満期を設定する必要がありますが、1ヶ月満期の自動更新で良いと思います。
今は金利がとても低いので、今後運用する時に直に動かせるようにしておいた方が良いでしょう。

と、ここまでは金融の知識がなくても誰でも出来る貯蓄方法。

貯蓄する癖を付けられたら、安全性や運用期間を考慮して金融商品を選択していくとか、次のステージに上がっていけると思います。

新社会人向けに貯金の癖をつけようというブログはもっと前から書こうと思っていたのですが、教え子から貯金にいい商品を教えろとメッセを貰ったのをきっかけに書き出しました。

しかし、順序だてて書いていくと全然商品内容にたどり着かないですね。。。
その子にはやっぱりメールで送る事にしよう。

う〜ん。
積立貯金のネタだけで、1コマしゃべれるな。
今回ブログで書いた基礎編〜商品を含めた応用編まで久しぶりに動画撮ろうかな。
posted by CFPぐっさん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融

2012年05月08日

新社会人から貯蓄の意識を

皆さんはGWはどのように過ごされましたか?
私はほぼ日常と変わらない生活をしていました。

GWは良く渋滞と交通事故がニュースになりますが、その理由の一つが分かりました。
いつもより車が多いので渋滞はある程度止むを得ないのですが、日頃運転をあまりしない人が多くのも、事故と渋滞を誘発している原因だと思います。

やたらと遅いのに右車線を走っていて、左車線が空いていたり。
そうすると、後ろから来た車は左車線から抜いていきますよね。
これは本来あっちゃいけないわけで、交通ルールにのっとったスムーズな運転が行われていないのも、要因だなと思いました。

基本は左、抜く時だけ右車線。
これをドライバーが守るだけで、渋滞はかなり緩和されるんじゃないかと思ったGWです。

こんにちは、ぐっさんです。

気が付けばもう5月。今年ももう半分が過ぎようとしていますね。
しばらくブログの更新をサボっていましたが、この間にも書きたいことが結構会ったんです。
AIJの年金問題。
新型ETFの発売。

なかなか腰を据えてブログを書く時間が無く・・・いや、周りでブログをやっている人を見るとそれも言い訳ですね。

さて本題ですが、4月から新社会人になった皆さんも初給料を貰った事と思います。
どんな風に使ったでしょうか?
ご両親に感謝の気持ちを込めて食事に招待したり。
同僚と飲みに行って使い切ってしまったり。
思いの外手取りが少なくて5月病になったり。

様々だと思いますが、生活には「習慣」というものがとても重要です。

まだ社会人になったばかりだから貯蓄はしない。
手取りが少ないから昇給したら貯蓄しよう。

と思っているそこの新社会人!!!
絶対に出来ません。
来年少しくらい昇給したところで、あなたの手取りのお給料は大して増えませんよ。
いや、むしろ減るかもしれません。

給料明細を見るとお給料から色んなものが引かれていると思います。

給料
▲健康保険
▲厚生年金
▲雇用保険
▲源泉所得税
=手取り

となっていますよね。
学生の時のアルバイトの時は、働いた分丸々手元に残ったものが社会人になって働くと、働いたお給料から、色んなものが引かれてしまうのです。
今年は上記のものが引かれて残りが銀行口座に振り込まれているわけですが、来年になるとここにはない新たなものが引かれる様になります。

住民税・・・

えっ???まだ持っていかれるの!!!
って感じですよね。はい。持っていかれます。
細かい計算の説明は省きますが、あなたの所得の「10%」が住民税として引かれる事になります。

だからちょっとくらい昇給したところで来年は新たに住民税が引かれるので、手取りは増えないどころか、減る可能性があるのです。

だから今年貰う給料を全部使ってしまう生活をしていると来年は、赤字の日々が待っているわけです。

給料が足りない

カードで支払い

支払いが出来ない

お金を借りる

高い金利を支払う

もっとお金が足りなくなる

さらにお金を借りる・・・

はい。多重債務者の出来上がりです。

こんなことにならないように、しっかりと資金管理をする習慣をつけましょうね。
長くなったので、次回は積立のお勧め方法や商品を紹介します。
posted by CFPぐっさん at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 金融